【プレスリリース】

「70歳までの就業機会確保(努力義務)」の認知度91%
〜 50%の企業が検討開始、9割以上の企業が何らかの課題・懸念を持つ〜

この度弊社では、法改正に伴う70歳までの就業機会確保についての調査を実施しましたので、その結果をご報告致します。
ポイントとして、50%の企業が70歳までの就業機会確保について検討をはじめており、65歳までの就業機会確保と同様、「再雇用」を軸に検討しており、また70歳まで就業することについて90%以上の企業が「老化による生産性の低下」や「与える仕事、ボジション設計の難しさ」など、様々な課題や懸念を持っていることがわかりました。

調査結果トピックス
1.現行「高年齢者層用安定法」の高年齢者雇用確保措置(65歳までの雇用義務)について
2.2021年4月施行の「改正高年齢者雇用安定法」認知度および対応について
3.法改正に伴う努力義務対応に係る懸念、課題について

《トピックス1》
現行「高年齢者層用安定法」の高年齢者雇用確保措置(65までの雇用義務)について
回答企業のうち73%が「65歳までの継続雇用(再雇用制度)を導入している」
と回答した。次いで「65歳定年への引き上げ(11%)」
「65歳までの継続層用(勤務延長制度)(7%)」となり、大きく差がついた。

《トピックス2》
2021年4月施行の「改正高年齢者雇用安定法」認知度および対応について
2021年4月施行予定の「改正高年齢者雇用安定法」が「70歳までの努力義務」になることについて、改正内容の浸透状況を尋ねた。回答結果では「内容も含めて知っている(23%)」「概要だけ知っている(43%)」「改正があることは知っている(25%)」の構成となり、9割が知っていると回答。
また、その具体的な対応状況について尋ねた。50%の企業が「未検討である」と回答。検討を進めている50%では、「既に方針を決定している(9%)」「対応を進めている(8%)」「検討を進めている(33%)」の構成となった。

《トピックス3》
法改正に伴う努力義務対応に係る懸念、課題について
従業員が70歳まで就業することに関する「懸念や課題」について、「老化による生産性の低下(記憶力、集中力の欠如など)」を課題として認識している企業が、58%となり、 最も多かった。 次いで「与える仕事、ボジション設計の難しさ」「健康維持(疾病、認知症など)の懸念」なども半数以上に挙がり、 高齢になり仕事をすることへの懸念が多く存在することが伺える結果となった。 「特に懸念や課題を感じない」と回答した企業は8%と、9割の企業が何らかの懸念、課題を持っている ことがわかった。

【調査概要】
調査名 法改正に伴う70歳までの就業機会確保についてのアンケート
調査対象 人事向けポータルサイト「HRプロ」登録会員
調査時期 2020年10月9日(金)~10月21日(水)
集計対象 調査対象のうち、回答のあった257社(上場企業61社、非上場企業196社)
回答企業の業種別規模別の内訳はレポート内図表3の通り。
本調査における回答についての企業名は非公開。

【お客様からのお問い合わせ先】
TEL: 03-6275-2720
e-mail:info@biztlab.co.jp

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
e-mail:info@biztlab.co.jp

「法改正に伴う70歳までの就業機会確保」に関するアンケート調査
資料請求フォーム

御社名必須
部署名
役職
お名前必須
フリガナ必須
電話番号必須
メールアドレス必須
その他ご質問等